まん延防止等重点措置の対応について

新型コロナウイルスも、オミクロン株に置き換わり検査陽性者数が急拡大しています。

北海道・札幌市により、1月27日~2月20日まで防止対策の徹底が行われます。

今回は前回と異なり、公共施設は閉鎖・閉館は行われない状況の為本校も休校は行わない予定です。

(ただし、入場者数の制限と感染防止の対策の強化を求められます。)

しかし、市内の小中高等で多くの学級閉鎖が行われている状況を鑑み、より一層の感染防止対策を実施していかなくてはなりません。

自分の体は自分で守るということの徹底をお願いします。

■マスクの常時着用不織布マスクが推奨されています)

手指消毒、大きな声を出さないなどいつも通り感染防止に努めてください。

学級閉鎖の対象の方は、登校しないようにお願いします。

 学級閉鎖が終了してから、元気に登校してください。

 オンライン授業を実施している学校もあるようです、計画を立てて行動するのが良いようですよ。

 「そろばんの練習」も組み入れてください。

体調が悪い方は、自宅でしっかり休息をお願いします。

 熱や咳で学校をお休みしたり、早退をした方の登校はご遠慮ください。

 朝は調子が悪かったけれど、午後から回復したといって登校されるケースも散見されます。

 お休みしたり、早退した方はゆっくり自宅で休養して回復させてください。

■29日・30日は全珠連検定試験が行われます。

 感染した、濃厚接触者になった、学級閉鎖で外出できない方はご連絡ください。

 電話でも、メールでも結構です。

 当校ホームページ、お問い合わせからでもご連絡いただけます。

これまで以上に感染防止対策を徹底して、健康に過ごしていけるようにご協力お願いします。